次は実際にデートにこぎつけたとして、どうすればいいのか、もっと仲良くなる方法はないのか、、歌舞伎町のキャバ嬢と親しくなるための次のステップについてちょっと踏み込んでみましょう。

相手にとって必要性のある存在になることが大切

一つの方法としては、相手から男性として信頼を勝ち取ること、相手にとって必要性のある存在になることが大切です。

と言葉で言ってみたところで、結構難しい話に聞こえちゃいますよね。

でも、案外難しい話でもないものです。

具体的には相手と連絡を取り合う中で、頼られるようなシチュエーションを作ること。

ただ、間違っても「俺を頼りなよ」「何でも相談しなよ」なんて上から目線の頼ってアピールは絶対にNGです。

これを言う男性はとても多いものですが、相手の女性からすれば頼りたくなったら頼りますが、そんな過剰アピールをする人にあまり相談したくないものです。


他の人が褒めないようなポイントをしっかりと突く

なので、ストレートなアピールではなく、少々の変化球が良いでしょう。

例えば、相手が自分で気付いていなさそうなポイントを褒めることや、頑張りをさりげない形で認めてあげるというのが好印象を掴むコツです。

褒めて褒めて褒めまくるのは良いのですが、あくまでもさりげなく、他の人が褒めないようなポイントをしっかりと突くというのが大切です。

歌舞伎町のキャバクラは忙しいので、仕事の苦労をねぎらってあげるのもいいですね。

こういった積み重ねが、相手との信頼感の高まりに繋がっていくのです。