さて、今回最後となるキャバ嬢を惚れさせるためのテクニック講座ですが、今回のテーマは「お客様ではない存在をいかにしてアピールするか」ということについて、ちょっとお話しをしてみたいと覆います。

簡単に言えば異性として自分を意識させること

キャバ嬢の方と仲良くなるためには、他の男性と同じ土俵に乗っている限りなかなか進展はしません。

その間はいわゆるお客様として接する必要があるということですよね。

では、どうすれば他の方と違う存在であることをアピールできるのでしょうか。

簡単に言えば異性として自分を意識させること、これこそが今回のステップで目的としていることです。

その為の方法は勿論幾つかあります。

一つは紳士的であること。下心が全く見えず、スマートに遊ぶ男性というのは何故か魅力的に見えるもの。

女性から見て「下心が丸見え」では魅力も何もありません。

相手から見えない部分があるということに価値があるのです。

続いては、気遣いが上手であること。目当ての女性だけでなく、ヘルプの子、ボーイさん、お店に対しても礼儀正しく気遣いが正しくできる。

これをマスターすると他のお客様との差異が明らかに見えてきます。

遊びなれているが余裕があってスマートな経ち振る舞いができる、このイメージを相手に与えた状態で、たまに特別な扱いをするのがベターな動きでしょう。

間違っても連絡魔みたいにならないでくださいね。


相手に想像させるということ

最後に、これだけは覚えておいてほしいのが、相手に想像させるということです。

自分を数倍懐の広い男性だと錯覚させるだけの振る舞いをすれば、それだけで他の方とは違うということを明確に理解してもらうことができるのです。